HOME > エコアクション21 CO2削減プログラム(Eco-CRIP)補助事業 > どんな事業者が参加できるのか

どんな事業者が参加できるのか

企業規模について

・基本的に中堅・中小企業を対象としています。大企業の方の参加は、事業内容や規模により参加可能かどうか検討しますのでEco-CRIP事務局にお問い合せください。
・複数の事業所、工場等を有する企業も参加できますが、支援相談人が訪問するのは、原則として本社又は環境負荷の大きな代表的な事業所(事業者と支援相談人が協議して決定)の1箇所のみです。支援相談人は、企業全体の取組内容や体制構築についての支援は行いますが、訪問する事業所以外の取組等は事業者自身が行う必要があります。

業種について

・参加事業者の業種に特に制限はありません。

エコアクション21の認証取得を目指す事業者について

・エコアクション21の認証取得を希望する事業者も参加できます。その場合、支援相談人は、「エコアクション21 CO2削減プログラムの手引きPDF」を参考としつつ、CO2排出削減を含むエコアクション21の取組に関する支援を行いますが、取組内容が追加(廃棄物、水、化学物質、環境法規、緊急事態等)されます。
・また、エコアクション21の認証を取得する場合は、取り組みの対象範囲を、事業者の全組織、全活動とする必要があります。一部の事業所等で取組を始めた場合は、段階的に対象範囲を拡大する必要があります。

参加できない事業者

・既にエコアクション21、ISO14001等の第三者認証による環境マネジメントシステムの認証を取得している事業者
・過去にエコアクション21、ISO14001等の第三者認証による環境マネジメントシステムの認証を取得したことがあり、現在は取り下げた、あるいは取り消しされた事業者
・過去にEco-CRIPの戸別訪問による支援を受けたことがある事業者
・電気使用量等のCO2排出量の把握に必要なデータを、実測値として把握できない事業者
(例)他の組織等とフロアーを共有している場合、または事務所を間借りしている等により電気使用量を按分している場合等

自治体イニシアティブ・プログラム、関係企業グリーン化プログラムに参加実績のある事業者

過去にエコアクション21自治体イニシアティブ・プログラムまたは関係企業グリーン化プログラムに参加したことがあり、その際にエコアクション21の認証取得に至らなかった事業者は、Eco-CRIP補助事業に参加することができます。

支援相談人向けページ
※ユーザー名とパスワードが必要 こちらへ
担当地域事務局向けページ
※ユーザー名とパスワードが必要 こちらへ