HOME > エコアクション21とは > エコアクション21の取り組み方

エコアクション21の取り組み方

はじめてエコアクション21に取り組む場合の手順としては、まず代表者が、エコアクション21に組織全体で取り組むことを決定し、取組対象となる組織と活動の範囲を明確にします。エコアクション21の取組にあたっては、代表者のリーダーシップが何よりも重要です。
次に、エコアクション21に取り組むための、実施体制を決めます。そのうえで、環境に関する現状調査(初期調査)として、エコアクション21ガイドライン環境への負荷の自己チェックの手引きおよび環境への取組の自己チェックの手引きをもとに、事業活動にともなう環境負荷の把握と環境への取組状況、組織に適用される環境関連法規等を把握します。そして、その結果を踏まえて、「環境経営システム」の要求事項にもとづき環境経営システムを構築します。
環境経営システムの構築においては、計画の策定(Plan)、計画の実施(Do)、取組状況の確認および評価(Check)および全体の評価と見直し(Action)のPDCAサイクルを基本とし、この結果を環境活動レポートとして作成・公表します。
以後、このサイクルを繰り返すことにより継続的改善を図っていきます。

EA21の取り組み方

エコアクション21に取り組みイメージ
取り組みに関するご質問・ご相談について

「どのように取り組んだらいいかわからない…」 「もっと詳しく話を聞きたい!」
まずは、お近くの地域事務局に相談してみましょう。

エコアクション21の取り組み方にお悩みの事業者の方は、お近くの地域事務局にご相談ください。
なお希望する方は、審査を受ける前に、エコアクション21審査人によるコンサルティングを受けることもできます。(ただし、コンサルティングをした審査人は、審査を担当することはできません。)詳しいお申し込み方法や、料金については支援サービス(コンサルティング)をご覧ください。

エコアクション21とは
エコアクション21の取り組み方
エコアクション21の特徴
支援サービス
Ger ADOBE READER
PDFファイルをご利用いただくには、が必要です。上のアイコンをクリックすると、アドビシステムズ社のサイトから無料ダウンロードすることができます。
※Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

PAGE TOP