HOME > エコアクション21とは > エコアクション21の特徴

エコアクション21の特徴

エコアクション21には、次のような特徴があります。

中小企業でも容易に取り組める環境経営システムです

エコアクション21では、事業者の環境への取組を促進するとともに、その取組を効果的・効率的に実施するため、国際標準化機構のISO14001規格を参考としつつ、中小事業者にとっても取り組みやすい環境経営システムのあり方を規定しています。
この環境経営システムを構築、運用、維持することにより、環境への取組の推進だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上等、経営面でも効果があります。
1.取り組みやすい環境経営システムです

環境経営システムの構築とは仕組みを作ることであり、運用とはその仕組みに基づき実際に取り組むこと、維持とは作った仕組みを継続的に改善していくことによりその仕組みを保つことです。

必要な環境への取り組みを規定しています

環境経営システムが構築、運用、維持されているといっても、それだけでは環境への取組を十分に実施していることにはなりません。エコアクション21では、必ず把握すべき環境負荷の項目として、二酸化炭素排出量、廃棄物排出量、総排水量及び化学物質使用量を規定しています。
さらに、必ず取り組んでいただく行動として、省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル、節水、化学物質使用量の削減(化学物質を取り扱う事業者の場合)、グリーン購入、自らが生産・販売・提供する製品及びサービスに関する取組を規定しています。
これらの環境への取り組みは、環境経営にあたっての必須の要件です。

環境コミュニケーションに取り組みます

事業者が環境への取組状況等を公表する環境コミュニケーションは、社会のニーズであるとともに、自らの環境への取組を推進し、さらには社会からの信頼を得ていくために必要不可欠の要素となっています。
エコアクション21では、環境活動レポートの作成と公表を必須の要件として規定しています。環境コミュニケーションに対する真摯な姿勢こそが、社会からの信頼を勝ち得るとともに、企業がより発展していくための重要な方法の一つであると言えます。

事業者の自主的・積極的な取り組みを第三者が評価します

エコアクション21に自主的・積極的に取り組み、ガイドラインで規定している環境経営システム及び環境活動レポートの要求事項(以下「ガイドラインで規定する要求事項」という)を満たす事業者に対し、第三者が一定の評価を与える制度としてエコアクション21の認証・登録制度が実施されています。この制度において認証・登録を受けるためには、事業者は「全組織・全活動(事業活動及び製品・サービス)を対象にエコアクション21に取り組む」ことが必要です。
取り組みに関するご質問・ご相談について

「どのように取り組んだらいいかわからない…」 「もっと詳しく話を聞きたい!」
まずは、お近くの地域事務局に相談してみましょう。

エコアクション21の取り組み方にお悩みの事業者の方は、お近くの地域事務局にご相談ください。
なお希望する方は、審査を受ける前に、エコアクション21審査人によるコンサルティングを受けることもできます。(ただし、コンサルティングをした審査人は、審査を担当することはできません。)詳しいお申し込み方法や、料金については支援サービス(コンサルティング)をご覧ください。

エコアクション21とは
エコアクション21の取り組み方
エコアクション21の特徴
支援サービス
Ger ADOBE READER
PDFファイルをご利用いただくには、が必要です。上のアイコンをクリックすると、アドビシステムズ社のサイトから無料ダウンロードすることができます。
※Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。

PAGE TOP